無料ブログはココログ

« 静岡AFVの会 | トップページ | 「亀」 »

2014年3月 2日 (日)

静岡AFVの会

Img_8473
2日(日)は、静岡AFVの会でした、今年は、会場も広くなり参加者も多かったようです。

Img_8476


Img_8477
Img_8486
Img_8489
Img_8493
Img_8494
Img_8497
Img_8513
             浜松ジオラマグランプリのゴジラと云えばこの方
Img_8466
                 この猫、ゴジラになりかけていますよ。

Img_8467
Img_8468
  バストモデルを全身モデルに作り変えています、さりげなく出来ているのが高技術!

Img_8503Img_8504
Img_8505

Img_8506


























« 静岡AFVの会 | トップページ | 「亀」 »

プラモデル」カテゴリの記事

コメント

本日はお疲れ様でした。
AFVオンリーの濃い空間に、私達夫婦は耐えられず、早々に「街」へ脱出しました。(笑)
今年は、レベルが高かったですね。
諦めていましたが、「紙創り賞」のスポンサー賞をいただき、妻の手前、面目も立ちました。
取材に来ていたアーマーモデリング誌のお姉さんに、気に入ってもらえたのが功をそうしたようです。
それにしても、今日は作り込んだ作品が多く、AFVモデラー達の熱意が伝わってきました。
「美しいウエザリングとエイジング」を目指して、精進したいと思います。
今年は一つ一つに時間をかけて、質の高い模型製作を心掛けたいです。

芸術はまずもって作品に語らせるべき、とは芸術評論家の方
の言葉ですが、ディオラマも同じですね。
バルクマンさんの作品が明るい色づかいで綺麗ですね。

わぁ~本当だ! どら猫がゴジラ。 気が付きませんでした。

柔軟な発想が大事ですね。  さぁ~次、作るぞ !!

バルクマン鈴木さん
コメントありがとうございます。
戦車模型の奥の深さを体感しました。正直、なめていた所もありますね
興味を持つとハマリそうなので、カスタムバイクモデラーに戻ります。

むんさん
コメントありがとうございます。
むんさんも次回いかがですか?

がっちゃんさん
コメントありがとうございます。
会に参加して刺激を受けましたか?
製作意欲を感じますよ、次回は、ホビーショー
その後は、ナゴモですよ~
あっ!その前に浜プリ!

模型の楽しみの一つとして、「自分だけのオリジナルを創る」というものが、あると思います。
僕はAFV系の作製にあたっては有る程度は文献調査をしますが、塗装に関しては最終的には好きな色に調合して塗る事が多いです。(但し、年式は正確に。末期型が初期設定の舞台に登場したらいけません。)
大体、実物の戦車なんて、まして二次大戦モノなんてまず見れませんから。
そういう意味では、ガンプラもミリタリー物も同じなんですね。
今回の作品のハンティングタイガーにしても、三色迷彩の一つがブルーだなんて、あり得ない話です。
舞台を街中にしたので、街仕様?に垢抜けさせようとこうしました。
会場では、批判されそうだったから、自分の作品のには近寄りませんでしたが(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576632/59226559

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡AFVの会:

« 静岡AFVの会 | トップページ | 「亀」 »